自分に合った契約を選ぶ|急に必要になっても大丈夫!即日融資可能なカードローンがある!

自分に合った契約を選ぶ

山積みのお金

カードローンの金利は、利息制限法に基づく上限金利以下で各金融業者が独自に決めています。消費者金融では、比較的利用限度額が少ない契約が多くなっています。なぜなら、改正貸金業法による総量規制の範囲内に貸付が限られるので、年収と他社を含めた総借入残高により利用限度額が制限されるからです。 上限金利は段階的に厳しくなっているので、10万円、100万円といった区切り毎に決められています。消費者金融のカードローンが設定している金利は、上下金利をやや下回る程度が多く、銀行カードローンでは個人の信用力に応じて変わるので一概には分かりません。銀行カードローンでは、年収の1/3を超える貸付であっても審査結果次第では可能となるので、信用力次第で大きな利用限度額が設定されることも少なくありません。

銀行カードローンが増えている理由として、低金利な貸付が可能となっている点が挙げられます。銀行法に基づく貸付ですから、改正貸金業法に定められた総量規制対象外です。銀行カードローンでは、指定した保証会社の保証が受けられる場合のみ審査に通過するので、いざ貸し倒れが発生した時にも銀行は損をしません。銀行は保証会社に対して、代位弁済を求めれば良いからです。 保証会社を利用した貸付を行なう銀行カードローンならば、低金利融資を行っても銀行としてリスクが少ないので、審査に通過出来れば低金利なカードローンを利用出来ます。複数の金融業者からの借入がある場合には、低金利な銀行カードローンを利用して借り換えを行い、返済を早めることが可能です。